スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告
電圧降下による照明のチラツキ
電圧降下による照明のチラツキについて

先日、コピー機がよく誤作動をしてしまいメーカーに相談してもコピー機自体は特に問題無いと言われたので、調査して欲しいという依頼を受け現地調査へ行ってきました。
結論から言うと、蛍光灯40W*2灯用:8台とコンセント回路が同一回路となっていた為、コピー機の始動時に大きな負荷がかかりそれにより照明がちらついたり、電圧が瞬間的に大きく下がることによって周辺機器が再起動状態となっていることが分かりました。
こういったケースの場合は、コピー機等の容量の大きいものは専用コンセントを設け、その他のコンセントと照明回路を切り分ける電気工事が必要となります。
特にオフィス等でコピー機の設置場所が後から変更になった為、コピー機を動かし近くのコンセントから電源を取ってしまうとこういった現象が起こってしまうことが多いようです。
照明のチラツキはとても不快なもので精神衛生上も良くないと思いますので、早めに改修することをおすすめします。
【2010/06/09 09:57 】 | 照明設備関連 | コメント(0) | トラックバック(0)
2012年をめどに白熱電球の生産中止!?
白熱電球から蛍光ランプ(電球型蛍光灯)へ!?

最近、「白熱電球が生産中止になる」という噂を耳にしませんか?
この話題の発端は、経済産業省が2012年までに各メーカーへ白熱電球の生産を中止するように要請したことからですが、何故、経済産業省が白熱電球の生産中止を要請しているかというと、白熱電球蛍光ランプ電球型蛍光灯、以下蛍光ランプ)を比較した場合、約60W(ワット)の白熱電球相当の約12W(ワット)蛍光ランプへ移行していけば、おおよそ1/4~1/5の消費電力に抑えることができ、ランプの寿命も5倍以上になるといわれていおり、もし全世帯が蛍光ランプへ切り替えると年間約200万tのCO2が削減できると見込んでいるそうです。
自分の個人的な意見としてはエコロジーといった観点からは賛成できるのですが、何も生産中止にすることはないのかな?と考えています。確かに蛍光ランプにも白熱電球に近い光を放つ、電球色のものもありますが、間接照明が好きな方には到底受け入れられるものではありません。白熱電球の持つ、暖かい光りはインテリアとも凄くマッチしそれら全てを蛍光ランプで代用できる訳がありません・・・。
しかし、時代の流れは太く強くエコへと流れていますので、仕方ないことなのでしょうか?
【2008/09/03 09:02 】 | 照明設備関連 | コメント(1) | トラックバック(0)
照明は多すぎず少なすぎずがGood!
住宅の照明器具は多すぎず少なすぎずがGood!

基本的な住宅用の照明は間接照明を含めて、なるべく最少数で最大限の効果を発揮出来るようにプランを考える必要があると思います。理由は色々とありますが、まずは電気代を抑えるということと、照明器具は数が増えれば増えるほど、思い通りの演出効果を出すのが難しくなるということです。
よくありがちなパターンとしては、間接照明にこだわりすぎて、この照明を消しているときは、こっちの照明をつけて、逆にこっちの照明をつけているときは、こっちとあっちを消して・・・といった具合に、照明の数分スイッチが増えてしまい、思い通りの演出効果を出すために、スイッチのON-OFFの組み合わせが何通りにも増えてしまい、とても使いにくくなってしまう・・・ということです。
住宅では、モデルルームや展示場等の施設とは違い、普段の生活の使い勝手を最重点において、そこからお洒落な間接照明等を付け加えていくという考え方が良いと思います。

自分がお世話になっている建築屋さんが、まさにその理想系となる建物を作っているのですが、自分と監督さんの合言葉となっているのが「シンプルモダン」で住みやすく、なおかつクロス・外壁・そして照明!!のバランスをセンス良くまとめて価格も購入者に親切な設定となっている優良な建築屋さんがありますので、是非一度監督さんのブログ【入間市の新築っこ】を見に行ってください^^
監督さんのブログから建築屋さんのホームページへも行けますので、合わせて見に行ってください。




【2008/07/17 16:34 】 | 照明設備関連 | コメント(2) | トラックバック(0)
クリスマスイルミネーション
今年もクリスマス・イルミネーションの時期になりましたね。
電気工事という職業柄、大きな建築物や樹木へのLED照明をはじめ様々な照明による商用的なイルミネーションについつい目がいってしまいがちですが、どこか都会的で洗練された商用的なイルミネーションよりも、家族みんなで飾り付けされた家庭的な暖かい雰囲気のあるイルミネーションの方がクリスマスが近づいて来たなーと、実感出来たりします。
しかし、ここ最近の個人宅イルミネーションはご近所で競うように飾り付けをして、イルミネーション点灯中に他の電気を使用すると、ブレーカーが落ちてしまう・・・なんていう話しも沢山聞くようになりました。イルミネーション期間中の電気代も決して安いものではありませんので、計画的な飾り付けをされると良いと思います。
これからクリスマスにかけて、色々な家庭でイルミネーションの飾り付けをされると思いますが、脚立の適正使用(開き止めの使用)や高所からの転落などに気をつけて、ご家族みんなで楽しみながら飾り付けしてくださいね。
【2007/11/19 00:37 】 | 照明設備関連 | コメント(0) | トラックバック(0)
センサーライト(照明)の活用
ちょっとした工夫で快適空間
建売住宅などは電気設備に対する予算の都合上、どうしてもセンサーライトなどはオプションとなってしまい、標準のままで生活をはじめると玄関ポーチ・内玄関・廊下などの照明スイッチの場所がわるかったりして、不便を感じる方が多いようです。
例えば、内玄関の照明のスイッチが玄関を上がって何歩か歩いた位置に設置されていた場合、夜帰宅した際に、真っ暗な玄関を歩いてスイッチのところまで行くようになってしまいます。暗い中手探りで歩くのも危険ですが、なんといっても毎日の生活でこの動作を繰り返すのはとてもストレスになりますし、不便ですよね。
このような時は、既設の照明器具人感センサー付きの照明器具に交換すれば改善されますのでオススメです。

他のケースでもちょっとした工夫をすることで、とても快適な生活環境を作ることが出来ますので、新築住宅を建てる際などは、しっかりとした「電気設備の設計」と「照明プラン(あかりプラン)」の作成をすると良いと思います。
【2007/09/23 16:14 】 | 照明設備関連 | コメント(0) | トラックバック(0)
照明設備と防犯(セキュリティ)設備
久しぶりの日記になってしまいました。

先日、お施主様と照明設備セキュリティについての打ち合わせをして
きました。その時に思ったのが、最近のお施主様はインターネットが
普及していることもあるとは思いますが、打ち合わせ時にはすでにプロと
同等!?いやそれ以上に知識をつけているということです。
こちら側もプロとして、しっかりとした知識を見につけておかないと
いけませんね・・・。そのためには日頃から、新しい情報にはアンテナを
はって、日々勉強していかないといけないなぁーって実感しました。

最近のセキュリティ設備は高性能かつリーズナブルになっていまして、
照明設備を含めてセキュリティ設備などは建築工事の費用から考えます
と、対費用効果は抜群で、照明にちょっとこだわるだけでがらっと室内の雰囲気は変わります。またちょっとしたオプションで安全を買えると
思えばそんなに高いものではなくなってきています。

そうそう、個人的な趣味ですが、葉山などの街並みでよく見かける、
船舶用照明って凄くかっこいいですよね!?

marine[1].jpg


例えば ↑ のような照明を門扉へつけて、玄関ポーチや外灯なども
船舶用照明器具で統一したら凄くお洒落だと思います。

これからは更に高性能で安価なものが沢山出てくると思います、興味あ
るかたはネットサーフィンしてみると面白いと思います。


【2007/08/03 11:01 】 | 照明設備関連 | コメント(2) | トラックバック(0)
停電時に便利な照明グッズ(電気工事不要)
夜の突然の停電にはとてもびっくりしますよね。
普段しっかりと用意しておいたはずの、懐中電灯もいざとなるとなか
なか見つからなかったりして、真っ暗の中伝え歩きして分電盤を探した
りしたことある方、案外多いのではないでしょうか?
そんなときのために、各フロアの廊下や階段の上がり口あたりに、
保安灯を設置してみては如何でしょうか?

保安灯


この照明器具は優れもので、普段はコンセントにさしておけば明るさ
センサー付きライトになり、急な停電時には自動点灯してくれるんです。
停電時に自動で照明が点灯してくれていれば、安心ですよね。

【2007/06/12 17:20 】 | 照明設備関連 | コメント(1) | トラックバック(0)
車庫照明の意外な防犯効果
会社の近くに、最近分譲された住宅街があるのですが、そこの住宅街の
通りは夕方、人が通ると端の家から順々に車庫照明が点灯します。
どのお宅も、皆さんホームセンターなどでご自分で購入して設置してい
るようで、ハロゲン球の人感センサーライトを付けているようですが、
ハロゲン球はその点灯している照明を見てしまうと目が眩むような、光
を放っているのですが、これが以外にも端の家から端の家まで順々に点灯
して行くと、凄い防犯効果があるなと実感してしまいました。

自分が道路に面した車庫に照明を設置する場合は、夕方以降車で帰宅し
た際に、車庫いれしやすいようになるべく眩し過ぎないように、車庫全体を
明るく出来る方向で・・・という具合にビーム球のセンサーライトを
選択する事が多いので、違う視点からみると面白い発見があったりします。

道路に面した車庫照明は、「人感センサーライト」で!ですね^^
また、センサーの設定も自分の車が車庫入れ状態に入ってから動作す
るようにではなく、もう少し道路の方へ広げて置くと多少の防犯効果も
期待できます。(電気代を節約するか、防犯効果を期待するかの選択
ですね)
【2007/05/15 10:22 】 | 照明設備関連 | コメント(0) | トラックバック(0)
予算や環境に合わせた照明計画
はじめてマイホームを持つにあたって、電気工事に限ったことではなく
自分の理想的なクロスに家具に照明にエクステリアに・・・と、考える
とあまりにも多額な見積もりが来てびっくりされた、オーナーさんは
沢山いるでしょう^^;

「照明は単に空間を明るくするだけでなく、その空間に居る人々の心理的
な面にまで大きな影響を及ぼします。建築工事全体の予算において、照
明プランはほんの小さな割合を占めるに過ぎませんが、居住者への印象
を大きく変えるといっても過言ではありません。」

・・・ですので、これから住宅の購入を考えている方やリフォームを
考えている方に少しでも参考になればと思い、書かせて頂きます。

照明器具選定にあたって、皆さんが良く勘違いされているのは、安い=
駄目な器具ということです。
確かに高い器具のほうが見栄えがするものは多いかもしれませんが、
その部屋のクロスにあっているか?フローリングの色合いとどう?とか
部屋の広さにあった器具か?とか考えていくと、安価な器具でもシンプ
ルで凄くすっきりとした部屋にまとめて、逆に都会的で洗練されたバラ
ンスにすることも可能だったりします。
まずは建築屋さんや不動産やさん、工務店さんなどに以来した場合に、
照明器具に割り当てられた予算などを聞いてみると良いでしょう。

次に必ず配線工事に着工してしまう前に、照明の位置やコンセントの
位置などしっかりと確認してください。
ドアを開けたらスイッチが隠れてしまい、閉めないと部屋の照明を
つけられないとか(プロが描けばありえない話しですが念のため・・・)、
テレビやエアコンを置く予定の位置にちゃんとコンセントがあるかなど。

もしご心配なかたがいましたら、CADデータや電気図面を送って
頂ければ、無料でチェックしますので気軽に連絡してください。
(あくまでも、このブログに遊びに来てくださった方だけです^^;)
連絡先は、当社ホームページの「電気設備について」をご覧下さい。
だらだらと長くなってしまいましたので、「間接照明について」は次回
に書かせて頂きます。

ではでは。

【2006/11/26 21:27 】 | 照明設備関連 | コメント(0) | トラックバック(0)
| 電気工事屋の気まぐれ日記 |

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。