スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告
LAN配線及びネット接続環境について
LAN工事及びネット接続環境の設計について(住宅編)

先日、従兄弟のお姉さんが新築3F建て木造住宅を建てることになり、お酒の席で相談を受けたのですが、普段インターネットを利用していない方には配線の設計そのものよりも、ネットの仕組みから説明する必要があります。
よくよく考えてみると、自分も遠い昔パソコンの使い方さえままならない頃、インターネット接続どころか周辺機器の接続や設定すらできませんでした^^; 気がつけば大学在学中からパソコン関係の会社でバイトそして就職をしましたが、やはり基本的にはこの分野が好きだから、いろいろと難題にあたっても苦にならなかったようです。
そこで、ネット&パソコン関連が苦手な人の為に、設計者に伝える要点だけまとめておきます。

1.インターネットの接続回線の選定(光・ADSL・CATV等)
2.有線のLANが必要か?(工事費を抑える為に無線LANを選ぶ方も多いです)
3.LAN配線が必要な場合、ルーター(Hub)等の機器を何処に置くか?
4.何部屋でインターネットの接続環境が必要か?(リビングや寝室など)

以上のことを事前に決めておいて、電気工事店や建築屋さん、不動産屋さんとうに伝えて置けば、後々余計な費用が発生しません。また、建築平面図が手に入ったら、まずはテーブルやベッドなどを図面に書き入れてみましょう!そうすることによって、テレビやパソコンの置ける位置が決まってきますので、のちのち「テレビユニットとコンセントがベッドの裏になってしまった」や「LAN用コンセントが本棚の後に隠れてしまった」などのトラブルを未然に防止できると思います。
【2009/04/28 19:40 】 | 弱電設備工事(LAN配管など)関連 | コメント(2) | トラックバック(0)
iNIPの資格者証到着
情報ネットワーク施工プロフェッショナルの資格者証が到着

先週末に半年前に受けたiNIPの資格者証が到着しました。その際に一緒に同封されていた資料を読んでみると、3年ごとに更新が必要とのこと。第一種電気工事士の場合は5年ごとの定期講習なのですが、iNIPの場合はどうも分かりにくい条件があります。といいますのが、「継続的学習プログラム(更新パック)」というのがあり、例えばBronzeレベルの人であれば、iNIPニュースというものを3年間購読すると自動更新(iNIPニュース1年購読で4ポイント)されるとのことで、その他のレベルもみな同じような条件が書かれています。電気工事士の場合は5年おきに強制的に講習を受講しないといけないのに対し、iNIPの場合はニュースを購読していれば勝手に更新される?ということになるみたいです。それ以外の更新方法等もあるようですが、詳しく書かれていないのでしっかりと把握できていません^^;
よって、3年間で9,000円とのことですので、申し込むことにします。
最近では何をするにも資格が必要となってきていますし、年々各資格の取得難易度が上がっているように感じています。資格は取れるうちに取ってしまうに限ると思いますので、皆さんも気になる資格等があれば、早め早めに取得されることをオススメします。
【2008/10/20 08:12 】 | 弱電設備工事(LAN配管など)関連 | コメント(1) | トラックバック(0)
iNIP・情報ネットワーク施工プロフェッショナルの試験結果
情報ネットワーク施工プロフェッショナル・INIPの試験結果

4月の日記でも書かせて頂いた、情報ネットワークプロフェッショナルの結果通知書が数日前に届きました。とりあえず「合格」といことで、一安心といったところでしょうか。

iNIP認定の3つの特長として、以下のようなことが明記されています。

---------------------------------------------------------------------------
①ユーザビリティ重視の施工技術者の育成・認定制度です
コンセプトは4C施工。お客様の便利さと快適さ(Convenience/Comfortable) を第一に考え、情報ネットワーク全般のご相談(Communication/Consulting)をお受けできる施工技術者の認定制度です。

②実務能力を重視し、高品質な施工をお約束します
実務能力を、第1線で活躍中の技術者・講師陣が策定した独自の認定基準により評価しています。また、World Skills(技能五輪世界大会)の評価基準、BICSI(世界的情報配線設計施工認定機関)の評価基準とリンクしています。

③技術の進歩に対応した認定として、更新制度(3年)を有しています
更新制度と一体化した継続的学習プログラムを提供しています。これは情報ネットワーク施工技術に関する技能・技術を洗い出し、体系化しています。これにより他の資格とのリンクを可能とし、情報ネットワーク施工技術者のキャリアパス(職務/職業能力開発履歴)としての活用もできます。併せて、最先端の技能・技術を継続的に習得できるお手伝いを致します。

高品質な情報ネットワークを構築するために必要な技能・技術を体系化した独自の認定基準により、認定試験を実施しています(学科試験と実技試験があります)。

---------------------------------------------------------------------------

今後は各分野において、資格取得が必要となってくると思いますので、電気工事屋だから、「電気工事士」と「電気工事施工管理技士」を取得すれば良い・・・というのではなく、色々な分野の資格取得も積極的に出来るような環境を整えて行ければと考えています。
【2008/05/23 08:27 】 | 弱電設備工事(LAN配管など)関連 | コメント(2) | トラックバック(0)
情報ネットワーク施工プロフェッショナルの講習
iNIP - 情報ネットワーク施工プロフェッショナルの講習会

先日、埼玉電気工事工業組合へiNIP(NPO法人高度情報通信推進協議会認定情報ネットワーク施工プロフェッショナル)の試験及び講習会を受講して来ました。この資格の概要としては、お客様の立場でブロードバンド環境の構築ができる技術者のベンダーフリーな技能・技術認定制度ということで、情報ネットワーク構築の設計施工などについての資格です。

講習を受けてきた感想としては、ネットワーク系を携わったことのある人には、講習を受けてもすんなりと理解できる内容が多いですが、ネットワーク系を全く触れたことの無いレベルの人やLAN配管やLAN配線を理解せずにただ施工しているレベルの電気工事屋さんなどには少々辛い内容だったかもしれません。例えば、TCP/IPプロトコルやらDSU、ONU、MACアドレスといったような言葉が当たり前のように使われています。幸い自分は電気設備系に携わる前はパソコン関連の会社へ居たこともあり、そんなには苦になりませんでしたが街の電気工事屋さんレベルではなかなか高度な内容といったところではないでしょうか?単語の意味が分からないと講習会にはまるっきりついていけないということですから・・・。

細かい講習会の内容はさておき、今回の講習会で一番ためになったのがお客様が要望している条件と平面図(間取り図)を渡されて配線設計をするという問題です。やはり普段はお客様と直接会って要望を聞きいかにお客様の望んでいる通りまたはそれ以上の提案ができるか!?というのが私たちプロの役目ですから、ちょっと高度な情報ネットワークの配線設計などはどんどん勉強したり馴染んでおかないといけませんよね。

・・・ということで、これからもお客様の期待に応えられるよう日々勉強して参りたいと思います^^
【2008/04/05 10:12 】 | 弱電設備工事(LAN配管など)関連 | コメント(2) | トラックバック(0)
電気工事と弱電設備(LAN配管など)について
電気工事と弱電設備(LAN配管など)について

最近、新築住宅の工事で光でネットに接続したいとか、宅内LANを組むので配管や配線をお願いしたいとか、色々と細かい要望が増えて来ていると思います。

基本的にはインターネット接続に関してやLANの構築に関してはお客様の方が詳しい場合が多く、建築屋さんや電気工事屋さんなどにお客様の要望が上手く伝わらずに、必要のない工事をしてしまったり、その逆で必要な工事がされていなかったりという事が多々あります。

設計の段階で、インターネットには「光」・「ADSL」・「CATV」で接続予定で、ルーターやハブは「リビング」「納戸」「居室」に置く予定などなど細かい情報はしっかりと伝えておきましょう。
建築屋さんや電気工事屋さんによっては、全くといっていいほどパソコンを使ったことのない業者さんも中にはありますので、そのあたりは事前に確認をしておいたほうが良いでしょう。
自分の要望が上手く伝わらずに、後からLAN配管や配線など露出になってしまってはせっかく工事してもらうのに台無しですからね。


【2007/04/17 09:29 】 | 弱電設備工事(LAN配管など)関連 | コメント(0) | トラックバック(0)
| 電気工事屋の気まぐれ日記 |

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。