スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告
オール電化工事・激安店のカラクリ
オール電化・激安店のカラクリ!?

最近はインターネット経由での「電気工事」「地上デジタルアンテナ工事地デジ工事)」「オール電化工事」「エアコン設置工事」などの工事費に関するお問い合わせが増えています。地上デジタルアンテナ工事に関する、工事費のカラクリに関しては以前に書いたことがあるので、今回はオール電化工事について書いてみようと思います。

・・・というのも、つい先日、自分が作成したIHクッキングヒーター及びエコキュート設置工事、それにともなう幹線ケーブルの張替えや、分電盤増設等のトータル金額が、他店と比べて全然高い(数十万円)!とのことで、自分は工事に必要な最低限の内容で工事費も高く出したつもりもなく、恥を忍んで他店のホームページを教えてもらい、見に行ってみました。
そこには「エコキュート+IHクッキングヒーター」おすすめパック○○万円とびっくりの値段で表示されています。確かに自分が作成した見積書の半額とまでは行かないまでも、限りなくそれに近い差があります。常識的に考えて、機器代や材料代、工費等を考えてそんな金額で出きるわけがない、何かカラクリがあるはず!?と思い、細かくそのホームページをみさせてもらったら、やはり、あしました!!
おすすめパックの価格が紹介されている、大分下のほうに、「基本工事内容はこちら」と書いてあり、その先を見に行くと下記のように明記されていました。

【基本工事内容】
・エコキュート本体及びリモコン設置
・電力会社への申請手続き
IHクッキングヒーター設置
・既設ガスコンロ処分

一見、あたりまえの工事内容で、簡略的に書いてあるのか?と思ったら、更に下のほうを見ていくと、「付帯工事について」という欄があり、

【付帯工事一覧】
・幹線工事
・分電盤交換工事
・分岐ブレーカー設置費
・エコキュート基礎工事
IH用コンセント工事・(途中省略で、最後が)
・その他、電気工事

などなど、まぁ細かく色々と書いてありました。
エコキュート基礎工事やブレーカー設置、IH用コンセント工事が必要ない工事なんて、通常では考えられません。よほど、新築工事のときに、今後オール電化にするかもしれませんので・・・と計画的に進めているわけでなければありえない話しです。そうした場合でも前もってエコキュートの基礎工事をしておくなんてことは考えられませんし、もしそこまで考えて先行で工事しておくくらいなら、最初から新築時にちょっと頑張ってオール電化工事をしてしまいますよね?
それにしても最後の「その他、電気工事」って、なんでしょう?^^;
ここまで一般の方にわかりにくい表記をしている会社では、どんな名目を付けて後から工事費を追加してくるかわかりませんね。

・・・最後に自分が上記の付帯工事一覧で必要だな・・・と思うのをピックアップして、そのサイトの「おすすめパックプラン」価格にプラスしたらほぼ同じ金額になりました。
但し、自分が必要と思われる工事内容がそのサイトの付帯工事一覧に含まれていなかったので、「その他、電気工事」というのが加わってくるようで有れば、話は別ですが^^;

いずれにしても、素人の方がみても分かりにくい価格提示は疑ってかかる必要がありそうです。工事を依頼する前に、工事価格だけではなく、工事内容を納得の行く説明をしてもらい、必要な工事は全て見積もり金額に含まれているか確認することをお勧めします。
【2009/05/22 14:08 】 | オール電化 | コメント(0) | トラックバック(0)
エコキュートの基礎工事
エコキュートの基礎工事について

エコベース
※エコベース(簡易基礎)


先日、エコキュートの設置をしてきましたが、今回はエコキュートの基礎工事にエコベースという、簡易基礎を使用してみました。使ってみた感想としては、基礎工事の専門ではない電気工事店が施工しても、かなり綺麗な仕上がりになります。簡易基礎とはいっても、施工手順に慣れていなかったせいか思ったよりも手こずってしてまいましたが、これに関しては慣れの問題だとは思いますので、今後も積極的に使って行こうと思います。

【エコベースの施工手順】
1.エコベース設置箇所の地面をしっかりと転圧する
2.転圧した場所へ砂利を敷き詰め、捨てコンを敷く
3.エコベースの土台位置を決め組み立てる
4.組み終わったエコベースが傾きの無いよう、前後左右のレベルを調整する
5.組み終わったエコベースの中へコンクリートを流し込む
6、最後に表面を綺麗に仕上げる

今回は施工中の写真を撮ってくるのを忘れてしまいましたので、後日完成後の写真を撮ってアップしたいとおもいます。

今後はますます、オール電化の需要が増えてくると思いますので、色々と試行錯誤しながらお客様に満足していただけるよう頑張りたいと思います。
【2009/03/03 08:04 】 | オール電化 | コメント(4) | トラックバック(0)
IHクッキングヒーターをバーチャル体験!?
今日はインターネットで調べ物をしていて、大変面白いサイトを発見しました。「オール電化バーチャル探検隊」というサイトで中部電力が作成したサイトです。IHクッキングヒーターをバーチャルで体験出来るのですが、

●オール電化バーチャル探検隊
オール電化IHクッキングヒーター

「IHとは一体?素早い湯沸しの謎!?」
「火力の強さは?チンジャオロースで確かめろ!」
「油の温度も一発指定?クリームコロッケの謎。」
「グリルでパリパリの秘密?ピザに挑戦!」
「IHならではのケーキ作りを体感せよ!」
「なぜ火力が強いのか?エビチャーハンで検証!」
「絶妙な火加減も可能?シチューで確かめろ!」
「おいしい煮魚のコツ、それは均一な加熱!」
「餅はどうやって焼く?謎の磯辺焼き!」
「魚は焼けるのか?マイコン制御の謎を追え!」
「怪獣ヒーラン、IHでご飯を炊く?」
「もっと知りたい!オール電化の光熱費の正体!」

以上のようなメニューでとってもコミカルにしかも分かりやすく説明しているので、是非バーチャル体験してみてください^^

IHクッキングヒーター体感サイト
URL:http://www.denka-tanken.jp/

また、オール電化に興味を持たれた方は是非私たちのサイト「オール電化住宅の工事について」もご覧下さい。

オール電化の工事について】 by 岡本電気工事

「みんなで体験する」のコーナーはどれも楽しく見れますが、「一人で体験する」を選ぶとまさにバーチャルで実際にIHを使用しているかのように色々と操作できますので、是非そちらも体験してください。
【2008/02/19 19:01 】 | オール電化 | コメント(2) | トラックバック(0)
石油高騰とオール電化
原油高騰に便乗したオール電化訪問販売にはご注意を!

ここ数ヶ月の石油の価格高騰は凄いですね。
寒冷地では低所得者に対して、灯油購入費など政府が支援することになったそうです。我が家はオール電化なので、熱源に関しては全く影響は出ていないのですが、なんといっても車のガソリンだけは入れないわけには行きません、正直なところ月々のガス代もかなりな金額になってます。

ここ最近の原油高に便乗して、オール電化をオススメする訪問販売が増えていますが、オール電化住宅を真剣に検討している方は、必ずインターネットなどで下調べしてください。訪問販売に来る業社全てが悪いというわけではありませんが、例えばホームページで宣伝している業者や新聞広告又は雑誌などで宣伝している業者と比べて、圧倒的に危険な場合が多いということです。

以前にも同じようなことを書かせて頂いたことがありますが、もう一度書かせて頂くと、訪問販売に来た営業さんの手口の1つとして、「当社のオール電化システムで施工すれば、他社よりも○○万円安くなります」この時点で知識の無い方は、新聞広告のチラシに入っていた値段と、訪問販売に来た営業さんの言い値を見比べて即決してしまう方が多いようです。ここで気をつけないといけない点として、

①IHクッキングヒーターは3つ口?2つ?
②給湯はエコキュートなの?電気温水器なの?
③施工方法は?

などなど、上げるときりがないのですが、①のIH3つ口2つ口にしても当然値段が違いますし、②のエコキュートと電気温水器でも価格が倍以上違います。③に関しては、一般の方では判断するのは難しいと思いますが、配線ルートをなるべく目立たないように建物の内外の見栄えを損なわないように、しっかりと配線してくれるかや、エコキュートの貯湯タンクを設置するベースになる部分の基礎工事をしっかりとしてくれるかなどなど・・・。それらをふまえた上で○○万円安いというのであれば、良いとは思いますが、やはりどんな業界にも適正価格はあると思います。適正価格より桁違いに高い場合と安い場合は、やはりそれなりの理由があるはずですし、そう疑ってかかってもらって間違いないと思います。

最後になりますが、原油高騰を考慮しなくてもオール電化住宅は色々な意味でおすすめできます。オール電化住宅にするということは、個人的な意見になりますが、家を建てるのと同じくらい重要なことだと思います。ですので、オール電化の工事をお考えの方は、後から後悔することのないよう、価格の面だけに目を向けてしまわないように気をつけてください。




【2007/12/27 09:33 】 | オール電化 | コメント(0) | トラックバック(1)
オール電化住宅の停電時
オール電化住宅にした場合、停電時は大丈夫?
という質問をよく受けますが、もちろん停電時はIHやエコキュートは
使えなくなります。ただ、もう一度よく考えてみませんか?
停電時にガス機器だったらお風呂に入ったり、お湯を使ったり出来るの
でしょうか?答えは「No!」です。最近のガス機器はほとんどのものが
電気制御となっていますので、ガス暖房機やガス給湯器も停電時には
当然使えなくなってしまいます。ですので、停電時の心配ごとでオール
電化にするかしないかという考え方は無くしても良いと思っています。
そういった心配をするよりも、ガス給湯器にしろオール電化住宅にしろ
停電時のためにカセットコンロや懐中電灯を、緊急用に用意しておいた
ほうが緊急時も安心です。

また、豆知識として災害時に電気・ガス・水道などのライフラインで
一番最初に復旧するのは電気です。(阪神淡路大震災でもそうでした)
現在、エコキュートをお使いの方は災害時など、水道が止まってしま
ってもエコキュートの貯湯タンクから400リットル近い生活水を取り
出せるということをお忘れなく・・・。
【2007/05/28 15:21 】 | オール電化 | コメント(0) | トラックバック(0)
オール電化・資料概要ページ作成
ih.jpg


オール電化・資料概要のページを作成してみました。

最近、新しく分譲された新築へ悪質な業者さんが回っていますので、
オール電化を考えている方は十分注意してください。
よくあるケースとして、「エコキュート」と「電気温水器」の違いが
分からないお客様に対して、電気温水器でもオール電化住宅ですから、
とすすめて高額な請求をしていることがあるそうです。
また、電気温水器の場合、エコキュートの1/3~1/4の価格で販売
されていますので、「電気温水器」をすすめられた場合は、このあたり
も十分注意して見積などを見てください。

※電気温水器の場合、ランニングコストはエコキュートよりも全然大き
くなってしまいます。
ただし、優良な電気工事店さんに依頼すれば、初期投資は大分抑えられ
ますので、お客様のライフスタイルにあったほうをお選び下さい。
【2006/12/18 17:22 】 | オール電化 | コメント(0) | トラックバック(0)
電気料金を抑えるコツ!(オール電化住宅)
オール電化住宅の場合、一般的には電化上手という契約になりますが、電化上手で契約された場合の電気料金を抑えるコツをご紹介させて頂きます。

●炊事洗濯などはAM10:00までに済ませる。
エコキュートや電気温水器などに加えて蓄熱器機を使用する。
●炊飯器・食洗器・生ごみ処理機などはタイマーをセットし深夜に使用する。

例えば冬の朝、蓄熱用の床暖房でなくても起床の1時間前くらいに電源が入るようにタイマーセットをしておけば、起床して床暖房のスイッチを切ってしまっても暫くは
暖かい床で過ごせます。

他にも色々な節約方法があると思いますので、色々なアイデアを考えながら楽しく電気代を節約してください^^
【2006/11/23 11:30 】 | オール電化 | コメント(0) | トラックバック(0)
本当のところ「オール電化住宅」ってどうなの?
電気屋さんの意見というより、あくまでもユーザーの立場からの感想
として書かせてもらいます。

今住んでいるところの主な電気機器は
1.エコキュート
2.IHクッキングヒーター 3.電気式床暖房
4.食洗器
5.浴室乾燥機
などですが、オール電化住宅ということは、当然ガスは入ってま
せん。で、よく世間で色々と話題になってるランニングコスト
なんですけど、自分の家族の場合の例をあげてみます。

オール電化になってからの月々の電気代(3人暮らし)
安い月で1万円弱、今までの最高で2万円

オール電化住宅の前に住んでいたとき
※この頃は週末以外は2人が基本でした。
電気代が月平均1万円強
ガス代が月平均1万円強
灯油代が月平均5千円?(冬場)

ということでランニングコストだけ見ても明らかにオール電化
住宅はオススメです。
でも、何よりも部屋の中の空気が汚れないのとガステーブルと
違いIHはさっと拭くだけで掃除が楽、レンジフードなどの換気
扇の汚れもほとんどない。IHでお湯を沸かすとガスよりも
数段早い。
更に災害時などはエコキュートの貯水タンクから400L近い
水を生活水として使用できるなど、よいこと尽くめです(^0^)

良いことばかり書くと電気屋の営業みたいなので、検討するに
あたって、知っておかなければいけない点をあげておくと当然初期
投資が大きいということです。ただし、自分の環境と同程度で
あれば数年でペイできると思います。
太陽光を導入したり、蓄熱式の電気機器を入れると更に高くなり
ます。こちらを選択する場合は、ペイできるとかいうよりも
環境問題を考えて導入するくらいのつもりで検討するのが
良いと思います。
【2006/11/22 23:50 】 | オール電化 | コメント(4) | トラックバック(1)
| 電気工事屋の気まぐれ日記 |

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。