スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告
照明は多すぎず少なすぎずがGood!
住宅の照明器具は多すぎず少なすぎずがGood!

基本的な住宅用の照明は間接照明を含めて、なるべく最少数で最大限の効果を発揮出来るようにプランを考える必要があると思います。理由は色々とありますが、まずは電気代を抑えるということと、照明器具は数が増えれば増えるほど、思い通りの演出効果を出すのが難しくなるということです。
よくありがちなパターンとしては、間接照明にこだわりすぎて、この照明を消しているときは、こっちの照明をつけて、逆にこっちの照明をつけているときは、こっちとあっちを消して・・・といった具合に、照明の数分スイッチが増えてしまい、思い通りの演出効果を出すために、スイッチのON-OFFの組み合わせが何通りにも増えてしまい、とても使いにくくなってしまう・・・ということです。
住宅では、モデルルームや展示場等の施設とは違い、普段の生活の使い勝手を最重点において、そこからお洒落な間接照明等を付け加えていくという考え方が良いと思います。

自分がお世話になっている建築屋さんが、まさにその理想系となる建物を作っているのですが、自分と監督さんの合言葉となっているのが「シンプルモダン」で住みやすく、なおかつクロス・外壁・そして照明!!のバランスをセンス良くまとめて価格も購入者に親切な設定となっている優良な建築屋さんがありますので、是非一度監督さんのブログ【入間市の新築っこ】を見に行ってください^^
監督さんのブログから建築屋さんのホームページへも行けますので、合わせて見に行ってください。




【2008/07/17 16:34 】 | 照明設備関連 | コメント(2) | トラックバック(0)
| 電気工事屋の気まぐれ日記 |

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。