スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告
高圧・特別高圧電気取扱者特別教育
高圧・特別高圧電気取扱者教育を受講してきました

6月27日から29日にかけての三日間、高圧・特別高圧電気取扱者教育の講習を受けてきましたが、電気工事の専門的な内容(停電作業や復電作業など)も大変勉強になりましたが、なんといっても感電災害についてのお話しはとてもインパクトがあり、場内の空気も凍りつくのが感じられるほどでした。

労働災害の中でも「死亡率」が一番高いのは「感電災害」によるものと
のことです、率にすると10%を超えています。その中の約半数は、プロフェッショナル(電気工事士)で、作業に慣れてきているほどちょっとした油断が死亡事故を招いてしまうのでしょう。
普段何気なく作業してしまってるようなことも、これからはもっと緊張感をもって作業していこうと思います。
【2007/06/30 07:53 】 | 電気工事関係の資格 | コメント(0) | トラックバック(0)
<<第一種電気工事士の学科試験 | ホーム | 動力改修工事に代官山へ・・・>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| 電気工事屋の気まぐれ日記 |

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。