スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告
iNIP・情報ネットワーク施工プロフェッショナルの試験結果
情報ネットワーク施工プロフェッショナル・INIPの試験結果

4月の日記でも書かせて頂いた、情報ネットワークプロフェッショナルの結果通知書が数日前に届きました。とりあえず「合格」といことで、一安心といったところでしょうか。

iNIP認定の3つの特長として、以下のようなことが明記されています。

---------------------------------------------------------------------------
①ユーザビリティ重視の施工技術者の育成・認定制度です
コンセプトは4C施工。お客様の便利さと快適さ(Convenience/Comfortable) を第一に考え、情報ネットワーク全般のご相談(Communication/Consulting)をお受けできる施工技術者の認定制度です。

②実務能力を重視し、高品質な施工をお約束します
実務能力を、第1線で活躍中の技術者・講師陣が策定した独自の認定基準により評価しています。また、World Skills(技能五輪世界大会)の評価基準、BICSI(世界的情報配線設計施工認定機関)の評価基準とリンクしています。

③技術の進歩に対応した認定として、更新制度(3年)を有しています
更新制度と一体化した継続的学習プログラムを提供しています。これは情報ネットワーク施工技術に関する技能・技術を洗い出し、体系化しています。これにより他の資格とのリンクを可能とし、情報ネットワーク施工技術者のキャリアパス(職務/職業能力開発履歴)としての活用もできます。併せて、最先端の技能・技術を継続的に習得できるお手伝いを致します。

高品質な情報ネットワークを構築するために必要な技能・技術を体系化した独自の認定基準により、認定試験を実施しています(学科試験と実技試験があります)。

---------------------------------------------------------------------------

今後は各分野において、資格取得が必要となってくると思いますので、電気工事屋だから、「電気工事士」と「電気工事施工管理技士」を取得すれば良い・・・というのではなく、色々な分野の資格取得も積極的に出来るような環境を整えて行ければと考えています。
【2008/05/23 08:27 】 | 弱電設備工事(LAN配管など)関連 | コメント(2) | トラックバック(0)
<<第一種電気工事士の定期講習会 | ホーム | 現場調査の重要性>>
コメント
お疲れ様です。
最近はインターネット関連やセキュリティ関連などなど、一昔からは考えられないほど色々な分野の要望が増えてきていますよね。
自分もインターネットの使い方によっては無線LANで十分かな?と思う場合も多いですので、お客様のニーズに合わせたプランを組めるように考えています。
これからも新しい時代の波に取り残されないように頑張りますので、今後とも仕事にプライベートに宜しくお願いします^^
【2008/05/23 19:22】| URL | okamoto #SFo5/nok [ 編集 ]
お疲れ様です!
今のインターネット時代には欠かせない技術かもしれませんね!今回ウチのリフォームでも【LAN配線】工事が追加されましたもんね(^。^)
今まで、【今は無線LANがあるから(^。^;】
なんて思っていましたが、【必ず電波が届く】という確証はないですからそういう意味でもLANケーブルのことなどを理解してくれているokamotoさんがいてくれるとこちらもとても心強いです!
【2008/05/23 17:33】| URL | jun #- [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| 電気工事屋の気まぐれ日記 |

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。