スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告
東京電力柏崎刈羽原発の停止から1年
原子力発電所が停止してから一年

新潟県中越沖地震により東京電力柏崎刈羽原発が停止して一年、原油高等も重なり9月に電気料金の本格改定をするとのこと。
刈羽原発が停止したことによる電力不足、また、刈羽原発の普及費用、そして、燃料費の高騰・・・これにより大赤字の東京電力は値上げに踏み切るしかないのでしょう。他の電力会社も原油高の影響で軒並み電気料金の値上げを発表しています。東京電力が他の電力会社と違う点は、なんと言っても原子力発電所の復旧費用が莫大であることでしょう。個人的な意見としては、電気料金の引き上げは仕方ないとしてもまずはその前に、「徹底的なコスト削減案」を示すことと、株主配当は黒字転換するまで見送りなど、色々とやることがあると思います。ちなみに、今回も株主配当は支給されるとのこと・・・。大赤字の現状で株主配当を支給するにも関わらず、電気料金は値上げしてしまう姿勢は評価できませんが、東京電力はなんといってもこの業界のリーディングカンパニー、国民の為にも安定した電力の供給を出来るよう、頑張って欲しいです。
【2008/08/08 12:33 】 | 電気工事屋のメモ帳 | コメント(0) | トラックバック(0)
<<2012年をめどに白熱電球の生産中止!? | ホーム | 照明は多すぎず少なすぎずがGood!>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| 電気工事屋の気まぐれ日記 |

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。