スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告
LAN配線及びネット接続環境について
LAN工事及びネット接続環境の設計について(住宅編)

先日、従兄弟のお姉さんが新築3F建て木造住宅を建てることになり、お酒の席で相談を受けたのですが、普段インターネットを利用していない方には配線の設計そのものよりも、ネットの仕組みから説明する必要があります。
よくよく考えてみると、自分も遠い昔パソコンの使い方さえままならない頃、インターネット接続どころか周辺機器の接続や設定すらできませんでした^^; 気がつけば大学在学中からパソコン関係の会社でバイトそして就職をしましたが、やはり基本的にはこの分野が好きだから、いろいろと難題にあたっても苦にならなかったようです。
そこで、ネット&パソコン関連が苦手な人の為に、設計者に伝える要点だけまとめておきます。

1.インターネットの接続回線の選定(光・ADSL・CATV等)
2.有線のLANが必要か?(工事費を抑える為に無線LANを選ぶ方も多いです)
3.LAN配線が必要な場合、ルーター(Hub)等の機器を何処に置くか?
4.何部屋でインターネットの接続環境が必要か?(リビングや寝室など)

以上のことを事前に決めておいて、電気工事店や建築屋さん、不動産屋さんとうに伝えて置けば、後々余計な費用が発生しません。また、建築平面図が手に入ったら、まずはテーブルやベッドなどを図面に書き入れてみましょう!そうすることによって、テレビやパソコンの置ける位置が決まってきますので、のちのち「テレビユニットとコンセントがベッドの裏になってしまった」や「LAN用コンセントが本棚の後に隠れてしまった」などのトラブルを未然に防止できると思います。
【2009/04/28 19:40 】 | 弱電設備工事(LAN配管など)関連 | コメント(2) | トラックバック(0)
<<オール電化工事・激安店のカラクリ | ホーム | ブレーカー(分電盤)が落ちる件>>
コメント
Re: 詳しい一般の方が
けんいちさん、こんにちは。

最近の弱電分野は特に、お施主さんのほうが詳しかったりする場合がありますよね。カテゴリー7で配線して欲しいという要望もちらほら出てくるようになりました。基本的には配管通線のかたちをとっていれば、後からでも色々と対応出来るので安心ですよね^^
今後もますます弱電分野は複雑化していくことが予想されますので、時代の波に取り残されてしまわないように頑張りたいと思います。

【2009/05/06 19:43】| URL | okamoto #- [ 編集 ]
詳しい一般の方が
こんにちは。

時折、電気の専門家より細かい方が居て、驚かされることが…。カテゴリ7のLANケーブルでないと認めない、という人がいました。

情報通信は変化が激しいので、LANケーブルもすぐに、古い技術になるんでしょうね。
ISDNの頃は送り配線でしたが、今はスター配線になってますし…。
結局、空配管を入れておくことしかないのかもしれません。
【2009/05/06 11:36】| URL | けんいち #- [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| 電気工事屋の気まぐれ日記 |

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。